ACFF(Alliance for a Cavity Free Future)は「2026年以降に誕生する子供たちは生涯をとおしてう窩を作らない」を地球規模でのゴールに設定しており、英国King’s Colledge Londonを本拠とし、カリオロジーの世界的リーダーであるNigel Pitts教授がGlobal Chairmanとして統括されています。

ACFFのポリシーは、地域ごとのう蝕の特性を正確かつ詳細に把握したうえで、関連する全てのステークホルダーの参加を促し、それぞれの地域が臨床的・経済的さらには心理的にも受入れやすい実現可能な施策を推進することであり、すでにクリニカル・カリオロジーの世界的な潮流になりつつあります。

2017年現在、世界の26カ国・地域がACFFに参画しており、ヨーロッパ各国やアメリカ・カナダはもとより、アジアでは中国、タイ、インド、フィリピン、マレーシアが独自の「Chapter(支部)」を開設して活動を開始しています。2018年2月に設立された日本支部は27番目の参加国となります。

この一般社団法人ACFF日本支部は設立の経緯・設立趣旨・研究プロジェクトにあります事などを目的に、活動期間は基本的に2018年より2027年までの10年間とし、正会員は100名のみの限定とする事でスピーディな意思決定と研究成果の達成を目標としております。一般社団法人ACFF日本支部の正会員100名のうちの一人としてご賛同ならびにご参画を宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人 ACFF 日本支部

理事長 大阪大学大学院歯学研究科 教授 林 美加子

副理事長 鶴見大学歯学部 教授 花田 信弘

入会申込書は下記よりプリントアウトいただきFAXにて事務局までご送付ください。

正会員入会申込書(こちらをクリック)

賛助会員入会申込書(こちらをクリック)

FAX:03-3981-7284