2019年7月7日(日)東医健保会館にて「2019年オープンカンファレンス」が開催されました。

2019年7月7日(日)

「う蝕リスク評価にどのようなツールを使っていますか?」をメインテーマに林美加子、和久田一成、久保庭雅恵、辻村傑の4名の先生に下記内容にてカンファレンスを開催致しました。

 

プログラム

Ⅰ.う蝕マネジメントICCMSTMをいかに導入するか

       林 美加子 先生      ACFF日本支部 理事長

                 大阪大学大学院 歯学研究科 教授

 

Ⅱ.う蝕リスク評価ツール:カリオグラムについて

       和久田 一成 先生 わくだ歯科医院(静岡県浜松市開業)

 

Ⅲ.う蝕リスク評価ツール:CAMBRAについて

       久保庭 雅恵 先生 大阪大学大学院 歯学研究科 准教授

                 口腔分子免疫制御学講座 予防歯科学分野

 

 

Ⅳ.当院におけるう蝕リスク評価とカリエス管理法

       辻村 傑 先生   辻村歯科医院(神奈川県伊勢原市開業)

 

Ⅴ.総合討論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です