高齢者の根面のう蝕発生メカニズムを解明する

高齢者に多発している根面う蝕は、口腔に露出している部分のみに発生し、歯周ポケットの中は発生しないものと考えられて来ました。そこで、本プロジェクトでは臨床サンプルを用いて、根面う蝕の発生部位や原因となる細菌を特定する予定です。これにより、新たな根面う蝕の予防方法の開発につなげていきます。

野杁 由一郎(のいり・ゆういちろう)
新潟大学医歯学総合研究科 口腔健康科学講座う蝕学分野 教授

略 歴:

1989年 徳島大学歯学部 卒業
1989年 徳島大学歯学部附属病院助手 保存科
1997年 大阪大学歯学部助手 歯科保存学講座
1998年 大阪大学博士(歯学)
2008年 大阪大学歯学部附属病院講師 保存科
2012年 大阪大学大学院歯学研究科准教授 
2016年 新潟大学大学院医歯学総合研究科
      口腔健康科学講座う蝕学分野教授
学会活動等:
日本歯科保存学会(理事、指導医、専門医)、国際歯科医学会研究会(IADR)
日本部会(JADR)、日本バイオフィルム学会(評議員)、日本歯内療法学会、日本歯周病学会、日本細菌学会、厚生労働省臨床修練指導歯科医など

 

超高齢社会となり、高齢者の根面う蝕問題が歯科界の緊急の懸案事項として問題視されている。う蝕が、感染症と生活習慣病の両面を有し、その主因は先生方ご存知の通りデンタルバイオフィルム(DB)である。DBはその形成部位により右図のように分類される。そして、根面う蝕は、下図の如く定義されている(日本歯科保存学会 編)。

根面の露出という現象は、エイジングによる骨吸収や歯周炎に伴う歯槽骨の吸収に伴って生じ、特に歯周病に伴う骨吸収は、その吸収量の大きさより根面う蝕への寄与が大きいと考えられる。

う蝕と歯周病は、一見何の繋がりも無さそうであるが、DBが主因であるという接点があり、歯肉縁下の歯根付着性DBが、歯頚部の歯肉縁上DBと類似した細菌叢になれば、う蝕原性が強くなったり、細菌叢にう蝕関連細菌種を大量に含めば、根面う蝕に関与する可能性も十分にあり得る。

もしも、定義自体に齟齬があれば、根面う蝕に対する制御戦略、特に診査・診断法と予防戦略については、抜本的な見直しが必要となるのではないだろうか。

そこで、我々のグループは、ヒトの重度歯周炎罹患抜去歯を用いて、根面う蝕の発生状況を組織学的あるいは分子生物学的手法などで検索すると共に、歯根付着性バイオフィルム中の根面う蝕関連細菌群を同定し、リスク診断法を確立できないかと、本実験計画を立案した。

ACFF研究助成プロジェクトの本報告会では、今回は想起した実験計画の背景と成果の一部についてお話する予定である。